アイフォレックスなら追証の恐怖ゼロ

fsuujj 世界経済を大混乱の渦に巻き込んだ米国サブプライムローン問題、ならびにリーマンショックは、既に一定の収束を向かえたかのように見えますが、FXなど大規模な金融取引を行っているトレーダーたちの間では世界経済への不安は消えるどころか、さらに危機意識をより強く持たなくてはならないという見方で一致しています。

しかもリーマンショック以降、世界経済の混乱が外国為替市場に対して及ぼした爪痕は容易に消えるようなものではなく、急激な為替相場の変動や暴落などが発生する頻度は以前よりも高まっているぐらいなのです。

特にリスクとして多くのトレーダーが認識しているのは、こうした不安定な為替の動きにより、ポジションを週明けまで持ち越すと一気に相場が暴落してしまうかもしれない、という不安です。確かにこうした週末を挟んでのポジション建ては、週が明けた途端為替レートが一変し、大損害になってしまうという事例に繋がってしまいやすいようです。当然、証拠金を上回るような損失額となれば証券会社から追証、即ち負債として請求されてしまいますし、取引不能状態に陥ってしまいます。損失の金額次第では抱えきれないほどの債務となってしまうことでしょう。

アイフォレックスのfxって儲かるの? アイフォレックスなら「追証ゼロサービス」や「損失限定サービス」を利用することにより、証拠金を上回るような損失発生時にも追証なしで、損失額自体も一定レベル以上に広がらないようコントロールすることが可能です。アイフォレックスの土日のGUは証拠金を上回る損失は無いようです。

週末を挟んで取引する場合、自動ロスカットシステムを設定することにより、損失額が証拠金を少しでも上回った段階で強制的に決済できますから、膨大な損失を抱え込むリスクはないのです。

また、このロスカットシステムを利用することにより、大きな利益は望めなくとも大きな損失を防ぐことが可能となりますから、安全な取引が持続可能となるわけです。そして安全な取引を続けていく中で、振り返った時に利益が大きくなっているような展開が期待できることでしょう。

さらに上級テクニックとして、このアイフォレックスの自動ロスカットシステムを利用し、2つの口座から売り・買い、同時に別注文として発注する方法もおすすめです。相場の動きがどちらか一方に傾けば、損失が発生する方の注文は自動ロスカットシステムで決済すれば良いのです。リスクヘッジの方法としては大変有効です。




株式投資


株式投資は景気の悪いときにやると株価が下がるから損ばかりするので嫌だから株式投資は危険だ、という考えの人もいます。しかし、株価がこれから下がると思えば空売りをすればいいだけなので、株式投資はいつでも儲ける機会を私たちに提供してくれます。

しかし、上場されている株式の中で空売りができる銘柄は、買うことのできる銘柄に比べて圧倒的に少ないです。しかし、東証一部に上場されている大型株と呼ばれるような株式はほとんどが空売りがでるので、その中から空売りしたい銘柄を選べば良いと思います。

sdfsfsfd